戦うカタツムリの主張
07で落ちたら、潔く撤退します。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏も終はり…
2006年 08月 31日 (木) 01:49 | 編集
まぁ、例年のごとく夏の恋もアヴァンチュールもなかったわけだが、さっきコンビニに行ったら、入り口で蛾がコービ中だった。イチャイチャしやがって!

今日(正確には昨日)、ブチョーに退職の件について話してきた。
理由は、当然会計士受験に専念するってことだが、畑違いも甚だしいので、「父が蒸発し、母が痴呆になり、妹が妊娠した上保証人に逃げられ、借金取りが家に殴り込みに来た。」と言おうかと思ったが、つじつまを合わせるのが面倒だったので、正直に話してみた。
性差別と言われるかもしれないが、女性はこういう場合、「寿退社」なんてことが使えるのでベンリダナーと思う。
で、いくら不景気とはいえ、会社都合の退職ってことにはならないのだが、引き継ぎのことも考え、大きな仕事(なんてもともと殆どなかったが。)は外して、なるだけ早く帰れるような配置にしてくれるらしい。ブチョーのご高配に顔射である。

このブチョーは1年前にうちの部署に来て、それほど個人的な接触があったわけではないのだが、なぜだか話しやすく、本音トークをガンガンしてしまうような雰囲気の持ち主だ。
そんなブチョーに言われた。
「私は今までの君を見てきて、君にどんな才能があるのかはわからない。ただ、やるなら自分の限界がわからなくなるほどにやって欲しい。人間、自分の才能に見切りを付けるのは簡単なことだ。その方が楽な場合もある。ただ、今もう限界だと自分で思うときには、まだ限界は超えていない。」と。
ブチョーやるなぁ。と思った。正直、ちょっとカコイイ!とオモタ。
モノは言いようだが、「藻前はバカチンだが、やるならがむしゃらにやれ。」と言うことだな。よし。

退職までして受験に専念するのは、時間の問題だけではない。
「退路を断つ」ことで、他に目を向けないようにしたかったのだ。
俺は優柔不断な人間なので、受験と会社とどっちもつかずになりそうにも思えたからだ。
俺に与えられたチャンスは、たった一度だけ。
そのチャンスをどこまで生かせるのかは正直わからん。
ただ、「学んだことは無駄ではない。」なんてことはあり得ない。
試験というものは、結果を出して初めて意味があるのだし、受験生が試験で結果を出すと言うことは、仕事と同じく使命であり、ある意味義務だと思う。
だから、受験生であることに満足することがないよう、今日のことを忘れずにいたいものだ。

が、熱く語ってる暇があれば、簿記をやるのが合格への早道だということに、漏れは気付いてなかったらしい…orz
ま、ジュークナオニャゴと話してて、オッサンなりに思うことが色々とあったのでね、つい。
スポンサーサイト
見極め
2006年 08月 29日 (火) 22:03 | 編集
チョー初心者の俺には、どの程度で次へ進めば良いのかがわからぬ。
とはいえ、まだ簿記は2講目、管理会計は1講目なのだが…。
総勘定元帳とかいうのをやってる。
なんとなーくだけど、これ本試験で出ないっぽい。
出庫欄がどうとかこうとか。
けど、軽視すると後で痛い目遭うぞ、というところなのか。
それとも、どーでもいいところなんだろーか。

簿記の講師はすこぶる爽やかだ。
管理会計は、ちっと滑舌が良くないのか、俺の耳がボケなのか、聞き取りにくいと思う。
そういうとき、通信はいいなあと思う。

とかってノンビリ構えてる場合じゃねー!
1級まであと3ヶ月弱もないのだ。
ざくざく進んでいかねばならぬが、今週残りは残業確定。
なんとか、10月中旬までに講義だけでも終わらせてーと思うが、急がば回れかもしれん。焦らず着実に。

お、最近真面目な俺。
新生カタツムリブログ。
2006年 08月 27日 (日) 23:12 | 編集
簿記の勉強をしながら思っていたのだが、11月の日商と会計士ではベースとなる法律が違うらしい。
具体的にどこがどう違うのかはわからんのだが、果たしてこの教材で勉強して良いのかどうか不安になってきた。

それで、色々と考えたり、俺なりに調べた結果決めたことなのだが。
結論だけを言うと、公認会計士を目指すことにした。
前回、講座を申し込んだ時のように、何となく決めたのではなく、熟考の末出した結論だ。
だから、誰も止めてくれるな。。

ただ、当たり前のことだが来年1発で合格しようとかそういう無謀なことは考えていない。さすがの俺もそこまでトチ狂っていない。
具体的な計画はそれなりに考えているのだが、今ここに書く時期ではないので割愛する。
年明けには受験に専念できる環境にしようと思っているし、そうなれば、もっと具体的なことが見えてくるだろうから、実際始めてみてから、いろいろ書いていこうと思う。

とりあえず、11月の日商まではその試験に専念し、それが終わったら会計士の勉強に切り替える。
年末に仕事を辞めるつもりでいるので、年明けからはじっくりと腰を据えて学習することができるだろう。

いきなりの方向転換にビックリされた方もおられるだろう。
動機は色々とあるのだが、趣味同様、やるならとことん突き詰めないと気が済まない性格なので、今回会計士の教材を申し込んだのは結果的に良かったのかもしれないと思う。
日商の1級申し込んでも、改正で来年からは使えなくなるらしいし。
(コメントで教えてくれた人たちに感謝。)

そういうわけで、過去の記事を閉鎖してしまったのだが、毎日ではないにしても、定期的に更新していく予定でいるので、新生ブログもよろしくお願いします。
copyright (C) 戦うカタツムリの主張 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。