戦うカタツムリの主張
07で落ちたら、潔く撤退します。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TAC 監査論・基礎答練第1回
2006年 09月 27日 (水) 02:00 | 編集
夏上級クラスで受講しています。
内容を見るに支障のない方は、続きへどうぞ。
問題が手元にないのでうろ覚え、なのですが。
大問2問で、特に第1問はテキスト通りの出題。
監査基準を書かせたり、正誤をさせた上で間違っている場合はその理由を書かせるというもの。

問1
財務諸表監査の目的、だったかな。
何を書いて良いか解らなかったので、暗記していた監査基準そのまま書けば点数がもらえたので驚いた。

問2
二重責任原則の説明

問3 正誤とその理由
1財務諸表監査における、監査人の保証の範囲。
2監査人が経営者に修正指導することは禁止されているか。
3監査人の情報提供について
4財務諸表監査が被監査企業に与える恩恵について

問4 期待ギャップの説明

第2問
問1 一般基準の穴埋めと職業的専門家と正当な注意の説明。

問2 
1監査人の能力条件と公正不偏の態度の関係。
2公正不偏の態度と独立の立場の関係。
3独立の立場を損なうものとして法的規制がかかっているものを3つ。

問3
1監査人としての職業的懐疑心と正当な注意を保持することの関係と、正当な注意規定を別段に定めた趣旨について。
2職業的専門家としての正当な注意を払うことと監査人の関係について。

以上を2時間で解け、というものでした。
第1問の方は、テキストや問題集まんま!って感じだったので良くできていました。
第2問は、問題の読替ができず苦戦し、時間が無くなってパニクった挙げ句、なにをトチ狂ったか、倫理規則の禁止事項を書いてしまいました。解答見れば、テキスト通りだよなーと思いますたが、やはり現場では必死になりすぎて、出題者の意図を読み取れずですた。
しかし、教室で受験すると結構緊張しまつね。
ただ、採点は定義がテキスト通りでなくても、文脈があっていれば点数はもらえていますた。
ガチガチに暗記しないと思っていたので、それだけでも多少気が楽です。
キーワードと説明がそれなりに流れていればいいみたい、な印象をうけますた。
返却ボックスで、他の方のをちょっと覗いてみると、殆どの方が満点近い点数でした。ガンガラねば。
が、答練レポって意外にめんどくさいことに今気付いた。
頭の中で整理されるので、多少は復習にもなると思うのだが…。
次回からは、時間短縮のため可能な限りはしょることにする。すまんな、皆の衆。

今回の仕訳
第1問49/監査基礎答練第1回 87
第2問28/
   


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
>時間が無くなってパニクった挙げ句、なにをトチ狂ったか・・・
>現場では必死になりすぎて、出題者の意図を読み取れずですた・・・

 貴重な体験をしますたなぁ。漏れも今年の本試験(財務会計論)を受けたとき、パニック状態になって誤答を連発してしまいますた。後日、解答速報見たら超簡単な問題ですた。 orz
 今は他の受験生より遅れをとってるかもしれませぬが、ガンガッテください。
2006/ 09/ 27 (水) 23: 16: 38 | URL | 歩兵 # -[ 編集 ]
>歩兵タソ
oh,NO!
本試験でパニックは避けたいでつね。
あー、でも漏れはチキンなので、日商のことを思うだけでも夜が眠れません。
とかいいつつ、寝起きだったりして。
あれだけ寝ても、また寝られる自分が驚きだお。

本試験で帳尻を合わせればいいや、と大きく構えているので焦ってはいませんが、日商のことで今は頭がイパーイでつ。
2006/ 09/ 28 (木) 00: 17: 12 | URL | カタツムリ # lA.dYxPE[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 戦うカタツムリの主張 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。