戦うカタツムリの主張
07で落ちたら、潔く撤退します。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追い込み
2006年 10月 12日 (木) 23:45 | 編集
俺は何かのきっかけで見つけた、「ワイセツな哀しき情事」というブログが非常に好きなのだが(念のために断っておくが、内容はワイセツとはほど遠いので変な期待はしないように。)、そこになるほどと感動した記事があったので転載させていただく。

以下、ブログより引用。

01 大きな正義をときに疑いなさい。
02 落ち込むのは勝手ですが、その暗さで周囲の人まで暗くしてはいけません。
03 読書の時間を持ちなさい。
04 時間を無駄にすることは止めなさい。
多くの人と会うのはよいですが、無駄なメシを食ってはいけません。
05 あなたが感じたことだけで人を判断するのは止めなさい。
深く話せば、印象は変わってきます。
06 自分がやりたいことよりも、自分がやれることを考えなさい。
07 一年に一つは特技や趣味を増やしなさい。
それが加齢とともに人生を楽しむ方法です。
08 誰かに質問されたときは、真剣に答えなさい。
知識を出し惜しみしてはいけません。
それが相手から多くを得る逆説的な方法です。
09 大きなものを喪失したとき、なぜ喪失したかを深く考えなさい。
それを二度と繰り返さないために。
10 とりあえず一緒に居てくれる人、よりもお互いを尊敬できる人を探しなさい。
11 立派な人になろうとするのは止めなさい。
ただひたすら毎日を真剣に一生懸命生きなさい。
12 人生には何をやってもダメなときがあることを覚えておきなさい。
そして、幸せも突然訪れることも覚えておきなさい。
13 人と一緒にいるときは、相手を笑わせなさい。
14 両親を安心させるために、必ず定期的に近況報告をしなさい。
離れた場所に住むとき、これが最大の親孝行です。
15 死別以外の悲しみは、必ずあなたを成長させてくれると信じなさい。
16 たった1%のことでこれまでの関係を崩すのはやめなさい。
99%の素晴らしい事実を思い出しなさい。
17 誰かの悪口を、その人がいないときに言ってはいけません。
18 あなたが気に入った本を繰り返し読みなさい。
そして、その筆者のやり方が体に染み込むまで実践しなさい。
19 良い結果には、あなたの良い行動があり、
悪い結果には、あなたの悪い行動があると知りなさい。
20 自分が理解できない大きな力を信じなさい。
理屈で理解できることは多くないということを知りなさい。
21 何かの一歩を踏み出そうとしている人を妨げてはいけません。
もし、その人が失敗したら、抱きしめて一緒に泣きなさい。
22 仲の良い友人であっても誤った発言は指摘しなさい。
23 「ありがとうございます」と言うときは心から言いなさい。
24 定期的に一人旅に出なさい。
一人旅はあなた自身を見つめなおす機会を与えます。
25 変わり続けなさい。人間は変わらない、と言う人は変ることはできません。
26 「おかしい」と思ったことは止めなさい。
それが後悔せず生きるために必要です。
27 たとえ傷ついたとしても、意見の相違を話しなさい。
それが皮相的でなく、相手と深く交わる唯一の方法です。
28 貯金をしすぎるぐらいなら、自己をみがくためにお金をつかいなさい。
29 謝るときは、真剣に謝りなさい。
30 相手が話す内容の真の意図を考えなさい。
31 年下の人と話すときは、優しくしなさい。
年上の人と話すときは、敬意を常に持ちなさい。
32 社会を変えようとするよりも、会社を変えようとするよりも、
まず目の前の人を幸せにしなさい。
33 あなたが「正しい」と思ったことだけを話しなさい。
34 あなたの仕事に関わる全ての人が期待している以上のものを提供しなさい。
そして、それを喜んでやりなさい。
人を幸せにする喜びというものが確かに存在します。

先日、連休中の出勤と有給消化のため、明日から10連休という超大型連休になりました。
ここで、どれだけ追い上げられるか(というレベルには達していないのですが。)で結果が決まると思う。
日商に関してだけ言えば、会計士の勉強がかなり進んでいる人にとってはどうってことないのかもしれないが、俺のような初心者は日商専用の教材で勉強した方が近道だという気がしてきた。
解説そのものも日商用の方が丁寧に感じるし。
会計士講座は、講義→復習→答練の順序だから、解説があんなにあっさりしているのかな。
どっちにしろ、日商1級と会計士の計算科目だと、どちらも難しいが、それでも会計士の方が断然奥が深い(日商をバカにしているわけでは絶対にないので勘違いしないで欲しい。)と思うので、今回の検定でまず全体を見られたらいいや、ぐらいな気持ちで猛勉強する。

工業簿記は流れが掴めれば早い気がするが、商業簿記と会計学は単元がものすごく多いだけに終わるかどうか、かなり不安でもある。
とにかくやるしかない。
オークションで届いた会計し関係の教材も山のように溜まっているし。
来年受からなければタダのゴミだから、なんとしても今回だけは受からねばならない。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
ども~
TBありがとうございました。早速リンクしましたよ~~
2006/ 10/ 12 (木) 23: 52: 53 | URL | fastska # -[ 編集 ]
>fastskaサマ
こんにちは。いつも楽しく拝見してます。
スンゲーいい息抜きになってます。
こちらもリンク貼らせて下さいね~
2006/ 10/ 14 (土) 01: 00: 43 | URL | カタツムリ # lA.dYxPE[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 戦うカタツムリの主張 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。