戦うカタツムリの主張
07で落ちたら、潔く撤退します。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ怖くて見られないもの
2006年 11月 24日 (金) 02:28 | 編集
まともに見ることができないもの、論文本試験の問題。
俺の場合は入門をすっとばして、上級に入ったため相当キツイ。
勉強そのものは嫌ではないが、講義中の話が理解できずアボンしそう。

なので、きちんと予習してから受けることにした。
入門を経て上級に至った方は、これまでに六法を糞ほど引いているので問題ないのだろうが、俺はまだその作業にすら慣れていない状態なので、今日は1日企業法をやっていた。計算やれよ。

例えば、今日は会社総論をやったのだが、まずはテキストを読み、そこに上がっている条文を引く、手間を惜しまず全部引く。そうすると、何度か出てくる条文が頭に残るようになるし、別の単元で上がるような条文と重なったときには、その2つの事項の関係をチェックできる。
今は、まだ始めの方なので数は少ないが、一通り終われば、関連するところが多くなるだろうから、その時、セットで勉強すると、それぞれの単元で勉強したことが繋がって、どういう局面から問われやすいかが見えてくるかも、と思ったのだ。
我ながらやるなぁと感心したが、よく考えたら受験生ではフツーのことかもな。単純な俺。

そんなわけで、今日は1日会社法で潰れてしまったので、明日は簿記と租税法をやるつもりだが、送別会の後帰れるかどうかがイマイチ不安。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 戦うカタツムリの主張 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。